一戸建てVSマンション、一生の住まいはどう選ぶ?

一生において何度も買うチャンスが少ない住まいを、一戸建てにするのかマンションなのか、迷う人も多いのではないでしょうか。
 
先日に、数年前にマンションを購入し、特技を生かしてピアノ教室を開講した途端、下の階とのトラブルで悩み、一戸建てへの住み替えを考えている方がいました。
 
同じ予算で購入できる物件として、マンションと一戸建てを比べれば、立地や広さからマンションを選ぶ人も多くみられます。
例えば、「都心に近く、駅から徒歩10分以内」という立地条件をそろえると、マンションはゆったりした3LDKだが、同じ予算で買える一戸建ては階段が急な3階建てということになりがちですよね。
 
しかし、自分の拠点として隣や上下階に気兼ねなく暮らしたい、建物のリフォーム・建て替えも自分のペースで比較的に自由度を高くしたいというときなど、一戸建てへの魅力は大きいですよね。
 
ここで、一戸建てとマンションのメリット・デメリットを整理してみました。
 
◆一戸建てのメリットとデメリット
 
 [メリット]
・毎月の管理費や修繕積立金、駐車場代がかからない
・騒音などで上下階や隣家とのもめごとは少ない
・土地価格の価値がある分、資産価値が残る
・比較的自由にリフォームできる
・ペットなどの規制もない
 
[デメリット]
・立地条件が同じ位だと、マンションよりも物件価格が高くなる
・修繕なども自分で準備していく必要がある
・賃貸にだす場合や売却の際にはマンションに比べて流通しにくい"
・防犯・災害対策などにも費用がかかる
 

◆マンションのメリットとデメリット
 
[メリット]
・立地条件が同じ位だと、一戸建てよりも物件価格が安くなる
・共用部分の管理や修繕は、個人でやる必要はない
・賃貸に出す場合や売却の際には一戸建てに比べて流通しやすい
・防犯やセキュリティーが整っている
・火災時の安全性が高い
 
[デメリット]
・管理費や修繕積立金、駐車場代がかかる
・騒音などで上下階・隣家とのもめごとは一戸建てに比べて多い
・資産価値は、土地価格について専有面積の平米数などで按分され、わかりにくい
・専有面積のリフォームやペットの飼育など一定の規則があり自由度が低い
 
 
◆家探しは、自分のライフスタイル・自分の暮らし方を明確にすることから
 
いかがでしょうか?
 
実際、予算面で見ると、一戸建てはマンションに比べて価格が高くなりがちですが、毎月の管理・修繕積立金などの強制的な維持費がかからないメリットもあります。
 
また資産価値について、一戸建ては15年以上経過すると土地分を資産価値として認識することは多くなりますが、マンションは立地や管理によっても差があり資産価値がわかりにくいようです。
 
しかし、冒頭にあげた人は、何といっても「自分のライフワークとして、音響を大事にし、音の問題を気にしなくても良い家」という視点が最初になかったために、家探しが振り出しに戻っています。
 
もちろん、マンションも一戸建ても一長一短あります。
しかし、どちらが向いているかは、ご本人やご家族が大事にしていることや好み、日々のライフスタイルによって自然と決まってくるのではないでしょうか?
そして、予算は中古物件までを含めると、ある程度は幅を広げていくことができます。
 
まさに住まい選びは自分探しと一緒です。(ハウシーズの大谷社長もおっしゃっています)
どんな住まいがいいかわからない状態で、予算やローンなどお金の損得で、家を決めてしまうことほど、もったいないものはないと私は思います。
 
今、そしてこれから何十年かの生活について、
「こんな家でこんなふうに過ごしている自分や家族がいる」
という姿をぜひ妄想してください。
妄想はお金がかかりません(笑)から、家族で雑誌や写真など情報を集めながら妄想大会をやって、拠点・空間・家に対する想いをできるだけ具体的にイメージすることが、一番の賢い買い物になると思います。

 
担当FP:水野圭子(CFP®,住宅ローンアドバイザー)
       吹田朝子(CFP®,住宅ローンアドバイザー、一般社団法人 円流塾 代表理事
 

2014年11月26日(水)

会社概要

株式会社ハウシーズ

東京都 品川区 大井4丁目10-3
Berg芙蓉2F
東急大井町線「大井町」より徒歩5分
東京都知事免許(4)第76950号

TEL : 03-3778-9881
FAX : 03-3778-9880
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 水曜定休

35.603437 139.734341

タダゼロ東京は東京の中古マンションが仲介手数料無料で買える不動産サイトです。東京のマンション、一戸建て、土地のご購入をお考えの方はお気軽にご相談ください。

ページトップへ